光熱費の節約

光熱費の節約

光熱費は、ちょっと気に掛けることで案外アッサリと節約に結び付きます。普段から、どうしても必要なものの他は極力使用しないことです。特に電気は無意識のうちに使用している場合が頻繁にありますから、少しの工夫で節約することができます。

まず、滅多に使用しないのにコンセントを入れたまま放置しているものがないか調べて回りましょう。例を言うと、稼働していないエアコンのコンセントはどうなっていますか。

エアコンは多くの人がやってしまいがちですが、これ以外には電子レンジ、炊飯器、洗濯機などが考えられます。これらは、使うときにコンセントに差し込めば良い物で、待機しておいても意味がありません。

子機の充電器をお持ちの方は夜は抜いても構いません。電話機への充電は終了しているので、継続して充電することはなくちゃんと会話できます。起床後にまたコンセントを差せば、日中は何の問題もありません。

温水洗浄便座に関しても寒さが気にならない季節では休むことなく運転しても無駄でしかないため、コンセントは使用する場合のみ入れるようにしましょう。また、電気湯沸しポットや炊飯器の保温機能はあまり使用しないのも電気の節約に結び付きます。

お湯を沸かし終えたり、ご飯を炊き上げたら直ちにコンセントは外しましょう。お湯は魔法瓶で電気を使用せずに保温ができますし、ご飯は電子レンジを駆使して温かくすればいつまでも保温状態にしないで済みます。

どれも細かいことではありますが、積み重ねれば大きな節約に結び付きます。1日中電気を消費し続ける冷蔵庫は、節約するさいに重要な電化製品と考えることができます。

ドアの開け閉めを意識したり、ビニールのカーテンを取り入れるなど冷蔵庫内の温度が高まらないように気を遣いましょう。