食材で節約

食材の無駄を省き節約

日々の食費の見直しによって高い節約効果が得られます。食費を削減するためには、工夫して買い物しなければなりません。献立によって買い物をするのではなく、その日の売り出しの商品を購入し、うまく調理するということが節約の助けになります。

献立を決めてから買いに行くというやり方も確かにありますが、そのときは次のメニューにも応用できるようなメニューにするということが大切です。冷蔵庫に食材が残っているのは、食材をきれいに使い切れずにいることになりますから、メニューを工夫して使い切らなければ節約は難しいでしょう。肉や魚については、焼く・煮る・炒める・蒸すといったいろいろな調理ができるので、多めに購入しても使い切れるでしょう。

頭を悩ませるのは野菜ですが、野菜は冷凍できると言うことを聞いたことがありますか。
にんにく・生姜・ねぎ・にらといった薬味として役立てられる野菜は、そのまま生で冷凍保存が可能です。

ねぎについては、割と大きく切ったものと細かく刻んだものをジッパーが付いている保存袋に詰め込んで冷凍しておくだけでいつでも使えます。大根や長いもは、すりおろしたものを冷凍するのは大丈夫ですが、小さくしないと難しいでしょう。

ほうれん草や小松菜などの葉野菜の場合は、堅めにゆでてから冷凍します。アスパラやピーマンやもやし、ソラマメなどの豆類やかぼちゃも堅めに茹でた上で冷凍保存を行います。ジャガイモは日持ちが良いので、どうしても冷凍しなくてはいけないわけではないのですが、どうじても冷凍する場合はマッシュポテトにするとうまくいくはずです。

タマネギは細かく刻んだものを炒めた後でないと冷凍保存ができません。一度にたくさん作れば様々な料理に使いやすいので、重宝するでしょう。冷凍をうまく利用して、食費を節約しましょう。