教養費の節約

教養費の節約

教養費や娯楽費などというのは、節約では見落としがちになります。一例として、新聞代を見直す場合は、朝刊に限って取ると良いでしょう。朝夕刊のセットで取っている家庭の場合でも、夕刊までチェックしている人がどれだけいるでしょう。

夕刊をそのまま新聞紙入れに入れてしまっている人も多いと言われています。朝刊に限って購読するようにすれば、朝刊と夕刊のいずれも契約するのと比較して900円ぐらい節約可能となります。

さらに節約を考えるなら、新聞を配達してもらうのをやめるというやり方もあるでしょう。
家で新聞をじっくり読む習慣のある人ならともかく、勤務中の会社で定期購読しているのが当然なので全く読めなくはなりません。

また、テレビ欄を見たいなら他のやり方で見ることができます。この頃ではニュースを見るのもインターネットで可能ですから、新聞がなくても不便さは感じないかもしれません。

家の中のスペースをふさいでいるものの中に、本や洋服といったものがあるはずです。本は購入すると捨てるのが躊躇われ、本棚に並んだままということが多いかもしれません。

洋服も似たようなもので、また着られるようになるかもしれないと非常に長い期間に渡り放って置いている人が存在します。でも、実際に使用するチャンスがないままに捨てなければならなくなることが多いはずです。

本は、自分にとって大事なもの以外は売却したり誰かに譲るなどして片付けるようにしましょう。そして図書館の利用を増やすようにするなどで、新しい本をなるべく買わないように節約するようにしましょう。

新しい本を購入するとしても、インターネットのAmazonを使って購入すれば古本、新品にかかわらず配送料をかけずに入手可能です。中古品とはいえ状態は悪くないケースがほとんどで、新品を買うとしても書店まで行くには交通費がかかることを考えれば安く購入できると言えます。