日用品の節約

日用品の節約

気軽に買えてしまう安さのせいか日用品は、たくさん使っても気にしない場合が多いようです。ティッシュに関しては、机上に置いておくとすぐに中身がなくなります。鼻をかみたいと思ったのにティッシュがないという場面に出くわすことはないでしょうか。 何をするにもティッシュを使用してしまっている人は、どう使うかを変えることにより節約効果が得られます。

鼻をかむ際にだけティッシュを用い、それ以外はトイレットペーパーを用いれば捨てずにトイレに流すことも可能で、ごみの量を減らせます。もちろんその時は、トイレットーペーパーではないものは流さないように気を付けましょう。

さらに、不要となった布やタオルなどをティッシュのように使用するのもおすすめです。
使いやすいように小さめに切り刻んでおいて、台所やテーブルに乗せておくと大変役立ちます。

特にキッチンでは、付着した油などを布を使って抜いておけば使用する洗剤の量をカットできるためエコにもなります。食事の準備に頻繁に登場するラップも、電子レンジ用のふたなどを使用すればあまりラップを使わなくても良いため節約となります。

大小様々な皿に対応した電子レンジ用のふたが、100円ショップなどでも売っています。
近頃、いろいろなお掃除アイテムが売られていますが、いちいち買いに行かなくても自宅にあるもので代用できます。

ポピュラーなのはアクリルたわしで、着なくなったアクリル素材のセーターを解くことによりたわしの代わりに使います。アクリルたわしは編まずに、糸をまとめるだけでたわしとして使用できます。

洗剤に頼りがちなキッチンの油汚れは、油を利用して浮き上がらせることもできます。
調理油でも大丈夫ですが、灯油がベストであるということが実証されています。
灯油は浴室を掃除する時にも使えるので、自宅全般のお掃除洗剤を節約できるでしょう。