水道代の節約

水道代の節約

2ヶ月に1度の請求が水道代の仕組みなので、他の光熱費よりも気にしない人が多いと思います。とはいうものの、水は常日頃から使用するものですので、容易に節約できる類に入ります。

洗濯やお風呂の水の量を減らすだけで、節約に大きな効果を発揮します。節水をアピールしている洗剤を取り入れることで、すすぎに必要な回数を少なくすることができます。

この方法により、すすぎの水と洗濯機の電気代の節約に繋がりますし、排水量も減少させることができます。お風呂に関しては、浴槽に張る水を少なくすることが有効な節水ですが、節水できるシャワーヘッドを利用するのもかなり効果的です。ほんの少しの水でも問題のない水圧が感じられる性能のものもありますし、マイナスイオンが出る製品も塩素の除去性能があるものも売っています。

入浴時に使用したお湯を洗濯に使っているところは頻繁に見られますが、そのときはホースをきれいな状態にしておくように気を遣いましょう。浴槽の水を流し込むホースは、程度の違いこそあれ汚れた水が通るので衛生的ではありませんのでチェックが必要です。

米研ぎも毎日欠かせない家事の一つですが、無洗米を使うと水野節約にいいかもしれません。無洗米は研がなくてもいいので、少ない水しか使いません。普通の米を研ぐ場合、そのとぎ汁をキッチン用洗剤として使ったり植物に与える水として使用することが可能です。

節約しているのを考えたくないなら、水道の元栓を少し締めるといいでしょう。あまりにも元栓を締め過ぎると当たり前ではありますが自宅の全蛇口から出る水に勢いがなくなるので使い難さを覚えることもあります。継続的に節水に取り組むには、家事をする時にストレスを感じないくらいに元栓を締めることがポイントです。